1. TOP
  2. 歯が黄色い?その原因と解決法は?

歯が黄色い?その原因と解決法は?

2017/01/03 歯の黄ばみ
この記事は約 3 分で読めます。 274 Views

歯の色はもともと真っ白という訳ではありません。どちらかというと若干黄色味がかった乳白色をしています。特に日本人は黄色人種であり、白人に比べると黄色味を帯びた色合いの方が多いみたいですね。もちろん個人差があり、生まれつき白に近い歯の色をしている人もいれば、黄色味が強い人もいます。

しかし、明らかに元の色よりも歯が黄ばんでいる人がいるのも事実です。これは、生まれつきではなく次第に汚れて行った結果です。歯の黄ばみには、外的要因もあれば内的要因もあります。

外的要因は主に食事が関係しています。
食品には歯に着色しやすい物も多く、好んで摂取していると特に黄ばみやすくなってしまうでしょう。

ポリフェノールやカテキンが多く含まれている食品や飲み物は特に注意が必要です。珈琲をはじめ、ウーロン茶、赤ワイン、ココアやチョコレート等、さまざまな食品に含まれていて、摂取する機会が多ければ多い程歯の黄ばみも悪化します。また、これらの成分が含まれていなくても、色が濃い食品は注意が必要です。醤油やカレーをはじめ、ケチャップ、トマト、ブドウやホウレンソウ、香辛料系は歯の着色汚れの原因となります。色のついたジュースやソース系の食品、焼肉や焼き鳥等も歯が汚れやすいです。

歯の黄ばみの外的要因は食品がほとんどですが、虫歯が原因で黄ばみが悪化する人もいます。虫歯になると、歯が黄ばみやすくなってしまいます。更に虫歯の状態が悪化すると茶色くなり、神経にまで到達すると黒く変色してしまうでしょう。こうなると、自力で歯の色を戻すことが出来なくなってしまいます。
また、歯の治療をしたとしても、詰め物やかぶせ物をすれば、金属が溶けたり劣化して紫色や黒色に変色する場合があります。

歯の黄ばみの主な原因は食品ですが、実は内的要因で黄ばんでしまう場合もあります。

一番大きいのが、加齢でしょう。
生え変わったばかりの歯は当然素の色合いをしていますが、年齢を追うごとにどんどん黄ばみがついて色が目立ってきます。日々食品を摂取して歯に汚れが蓄積するので仕方がないでしょう。年齢を追うごとに少しずつ歯表面のエナメル質が摩耗そて薄くなるので黄ばみも目立ちやすくなってしまいます。

しかし、年齢だけではなく病気が原因で歯の黄ばみが悪化する場合もあります。

たとえばエナメル質形成不全症は、エナメル質の先天的障害の一種であり、元々歯が黄色くなったりくぼみが出来る症状のことを言います。10人に1人の割合で発症する症状だといわれており、歯の変質は1つのみに出来る場合もあれば、全ての歯がエナメル質形成不全症となっている場合もあるでしょう。

エナメル質形成不全症は先天的な病気ですが、成長と共に歯の神経が死んでしまい黒ずみとなる場合もあります。特に、虫歯ではなく外傷を受けるなどして歯の神経が死んだ場合は、赤血球が歯髄内に漏れて着色物質へと変化し、歯が黒くなってしまいます。

他にも、幼い頃に高濃度フッ素を摂取したせいで、歯に白斑が出来たり黒く着色してしまう場合があるので注意をしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ちゅらトゥースホワイトニングを実際に試した結果がコレの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ちゅらトゥースホワイトニングを実際に試した結果がコレの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介

whdahblp

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    重曹歯磨きってホワイトニング効果がある?

  • NO IMAGE

    歯が汚い芸能人と歯が綺麗な芸能人

  • NO IMAGE

    歯の黄ばみは歯医者で取れる?

  • NO IMAGE

    子供の歯が黄色いけど大丈夫?

関連記事

  • NO IMAGE

    歯の黄ばみは歯医者で取れる?

  • NO IMAGE

    コーヒーによる歯の黄ばみは消えるの?

  • NO IMAGE

    タバコによる喫煙の歯の黄ばみは取れる?

  • NO IMAGE

    子供の歯が黄色いけど大丈夫?