1. TOP
  2. コーヒーによる歯の黄ばみは消えるの?

コーヒーによる歯の黄ばみは消えるの?

2016/12/25 歯の黄ばみ
この記事は約 5 分で読めます。 172 Views

コーヒーを飲む習慣のある人は、歯が黄ばみやすいです。

これはホントですね。
何故かというと、コーヒーには歯を黄色く着色する成分が含まれているからです。

コーヒーは主にカフェインとポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールはワイン等にも含まれているアンチエイジングに効果的な成分という印象が強いですが、このポリフェノールが歯の着色汚れの正体なのです。

コーヒーを飲むと、口内にポリフェノールが行きわたります。

ポリフェノールは歯の表面のペリクルという部分に付着し、反応し、歯の色素に着色し、着色汚れとなってしまうのです。

コーヒーを飲む回数が多ければ多いほど、毎日飲んでいれば飲んでいる程、歯のエナメル質とイオン結合が行われてどんどん汚れは濃く、落ちにくくなってしまうでしょう。

そんなコーヒーによる着色汚れを落とす方法はいくつかあります。

一番簡単にできる方法といえば、歯磨きでのケアです。
最近は着色汚れを落とすことに特化した歯磨き粉が増えているので、ホワイトニング効果を重視した歯磨き粉を選べば着色汚れを少しずつ落とすことが出来ます。

たとえば、ポロリン酸ナトリウムという成分が含まれている歯磨き粉は、歯の表面から着色汚れを浮かして落とす働きがあるので、コーヒーによる着色汚れも落とすことが出来るでしょう。
無水ケイ酸が含まれている歯磨き粉は、研磨剤としての効果を発揮し、歯にこびりついた汚れもどんどん研磨してくれます。しかし、研磨効果のある歯磨き粉を使っているとどんどん歯が薄く弱くなってしまうので毎日使うことはおすすめ出来ません。

週に1,2度使う程度にとどめましょう。他にもホワイトニング効果が高くコーヒーによる着色汚れを改善してくれる歯磨き粉はいろいろあるので、自分に合った歯磨き粉を探してみて下さい。

しかし、歯磨き粉で汚れを落とすには時間がかかります。毎日使うことはもちろん、効果の高い歯磨き粉を頻繁に使わなければ日々付着するステインによる汚れを落とすことは難しいでしょう。

歯医者さんでのホワイトニング

即効性を求めるのであれば、やはり歯科医院での治療が一番です。歯科医院では歯のクリーニングやホワイトニングを行っていて、歯磨き粉だけでは落とすことが出来ない汚れも簡単に取り除いてくれます。
軽度の汚れであれば歯のクリーニングでも十分汚れを落とすことが出来ますし、黄ばみが酷い場合はホワイトニングを行うことで、元の歯の色より白くすることも可能です。

歯のクリーニングは保険適用になることも多く、数千円で出来る場合もあるので一度歯科医院で相談をしてみましょう。ホワイトニングになると保険適用外となり費用も数万から数十万円かかってしまいますが、劇的に白くすることが出来ます。

普段の生活から歯の黄ばみを防ぐ

しかし、注意したいのが効果の持続性です。
確かにクリーニングやホワイトニング後は歯が白くなっていますが、珈琲を飲む習慣のある人は、日々歯にステインが付着しています。特に白くなった歯は汚れが目立ちやすくなってしまうでしょう。せっかく歯が白くなったのに、またコーヒーを飲む生活を続けていれば、綺麗な歯を保つことは出来ません。
歯の黄ばみはコーヒーだけが原因ではないので、コーヒーを飲む習慣のない人でも定期的なクリーニングやホワイトニングが推奨されています。奇麗な歯を維持したい人は、普段からホワイトニング歯磨きを使ったり、定期的に歯科医院でケアをしてもらうようにしましょう。

綺麗な歯を維持したいけれどもコーヒーも飲みたい、という人は、コーヒーの飲み方を気を付けるだけで、着色汚れを緩和することが出来ます。
まず、ストローで飲む習慣を身につけましょう。普通に飲むと歯の表面にもステインが付着しますが、ストローで飲めば歯の裏側にのみステインが付着しやすくなるので、歯の表面の黄ばみを軽減することが出来ます。
次に、だらだら長く飲み続けないようにしましょう。口内にコーヒーが漂う時間が長ければ長いほど、ステインも付着しやすい状態になってしまいます。
最後に、コーヒーを飲んだら口内を綺麗にする習慣を身につけてください。コーヒーを飲んだ後歯磨きをするのがベストですが、歯磨きが出来ない場合は軽くうがいをするだけでも着色汚れを緩和することが出来ます。
これらを守ることで、コーヒーを飲んでいても歯が黄ばむのを軽減することが出来ます。あくまで黄ばみを軽減するだけなので、本当に白い歯を保ちたい場合はコーヒーを飲まないのが一番かもしれませんね。

歯の黄ばみで気を付けたいのは、コーヒーだけではありません。いくらコーヒーを飲む回数を減らしたとしても、他の食品が原因で黄ばみが悪化してしまう可能性もあるので注意をしましょう。

ステインが多く含まれている食品は、チョコレート、ココア、ワイン、カレー、し醤油、お茶などです。どれも色が濃く着色汚れの原因になりやすいのがわかりますよね。
特にポリフェノールを多く含んだ赤ワインは黄ばみの原因になりやすいので注意をしてください。

毎日きちんと歯磨きをする習慣をつけて、定期的に歯科医院で検診を受けていれば、歯の着色汚れを緩和することは出来ます。

\ SNSでシェアしよう! /

ちゅらトゥースホワイトニングを実際に試した結果がコレの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ちゅらトゥースホワイトニングを実際に試した結果がコレの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介

whdahblp

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    重曹歯磨きってホワイトニング効果がある?

  • NO IMAGE

    歯が汚い芸能人と歯が綺麗な芸能人

  • NO IMAGE

    歯の黄ばみは歯医者で取れる?

  • NO IMAGE

    子供の歯が黄色いけど大丈夫?

関連記事

  • NO IMAGE

    歯が黄色い?その原因と解決法は?

  • NO IMAGE

    歯の黄ばみは歯医者で取れる?

  • NO IMAGE

    子供の歯が黄色いけど大丈夫?

  • NO IMAGE

    タバコによる喫煙の歯の黄ばみは取れる?